九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第96番
解脱山 賢龍寺 (げだつざん・けんりゅうじ)
  真言宗醍醐派
本 尊
住 所 〒879-7414 大分県豊後大野市千歳町前田1440
TEL 0974-37-2278

 ■ お寺の紹介
今を去る約500年前、京の僧が「愛宕将軍地蔵尊・不動明 王」の両尊を奉して寺を建立し、両尊を安置して「妙光寺」 と号した。その後、兵火のため伽藍は焼失したが、幸いにも 本尊二尊は時の僧円浄法印により搬出され、この難を免れた。 以後は少庵を建て安置したが、時移り世が変わるに従い衰微 し、今から約、350年前 御西天皇の明暦元年(江戸時代 前期1655年)七月、円峯法印が寺の復興を計り堂宇を建 立して、賢龍院法船寺と寺名を改称し、中興開山した。時の 経るにしたがい荒廃した。今を去る200年前、光格天皇の 天明元年(江戸時代後期1781年)に宥玄法印が深く嘆き、 現在の地に移転、中興開山となり現在に至っている。

参拝順路は、正面の文殊菩薩・普賢菩薩に迎えられ、修業 大師参拝、夢遍路(賢龍寺四国八十八ヶ所・信徒奉納)を巡拝され観音様を参拝、本堂境内へと向かってもらいます。 護摩堂(大師堂)右手に十三仏(信徒奉納)、更に水子地蔵・水掛不動尊・本堂横手に「五大明王」がございます。 ゆっくり参拝後本堂にお参り下さい。
 ■ 住職の紹介
住 職  羽田野賢照 
副住職  羽田野龍照
 ■ 行  事
毎月参り24日(本尊・愛宕将軍地蔵)  
2月3日 星祭り 厄除護摩
4月24日 賢龍寺大祭(お砂踏み会)
水子供養 弘法大師御降誕会  地蔵盆  
 ■ 交通アクセス
豊後三重町駅(豊肥本線)よりバス・タクシー20分
高速道千歳インター10分 連城寺よりタクシー30分
賢龍寺へのメールはこちら:賢龍寺へのEメール
 
戻る