九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第56番
白蓮山 金剛寺 (びゃくれんざん・こんごうじ)
  高野山真言宗
本 尊 十一面観音立像
住 所 〒862-0975 熊本県熊本市新屋敷1−22−12
TEL 096-364-3933
FAX  

 ■ お寺の紹介
金剛寺は市街の中に在り、人々から中将姫の愛称で呼ばれている。創建は慶長年間(1596)斉藤又右門と称する人が開基したと伝えられている。

当初は熊本城の裏鬼門にあたる所にあって、加藤神社の別当を兼ねていたが、明治維新の廃仏毀釈に寺門は衰退していた。 明治25年(1892)増本法秀が現在の地に法灯をかかげ、由緒ある金剛寺を復興して維新の世情に弘法大師の教えを広めた。

しかし、昭和の戦火に焼失したが、寺門の再建に仏心をたぎらせ、新たな法灯を継承した。 以来、昭和58年に現在の秀和尼が本堂を再建して、祈りの道場を構えた。

中将姫の由来は、開基の斉藤又右門が霊示のお告げをうけて勧請したという。 中将姫といえば、奈良の当麻寺で出家した姫は、法如尼と改め阿弥陀如来に祈願していたところ、比丘尼が現れ、当麻曼荼羅を織り上げたと言う伝説がある。


 ■ 行 事
 元  旦   0:30  新年護摩祈祷
 2月 3日  11:00  星祭り
 7月22日  11:00  中将姫尊 護摩供
10月24日  11:00  水子供養
 ■ 住職紹介
米満 秀和 (しゅうわ)
 ■ ご詠歌
極楽を 何処ときけば 金剛寺 中将姫のいます浄土ぞ
 
戻る