九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第28番
高野山 興山寺 (こうやさん・こうざんじ)
  高野山真言宗
本 尊 無量寿如来立像
住 所 〒875-0053 大分県臼杵市福良2366-1
TEL 0972-63-0361
FAX 0972-63-0361

 ■ お寺の紹介
  興山寺の歴史は真言宗総本山高野山から始まっている。天正13年(1585)の豊臣秀吉の紀州攻めにより、兵火が高野山に及ぼうとしたとき、秀吉と直談判して山を守った人物が、木喰応其上人である。その後応其上人は青巌寺と興山寺を創建して山内の中心伽藍とし、さらに諸堂を再建した。 明治になって興山寺は青巌寺と併合され、金剛峯寺と呼ばれるようになった。由緒ある興山寺の名前が消えることを惜しんだ山縣玄浄僧正が、稲葉氏の協力を得て臼杵に寺号を移し、興山寺がこの地で再興された。 境内の奥まったところに本堂と庫裡が並んでいる。宝造形の本堂に安置された本尊、無量寿如来は秘仏のため直接拝することはできない。境内には多くの石仏が点在している。

 ■ 寺 宝
玄浄上人筆十六羅漢絵図(12幅)
弘法大師行状曼荼羅
両界曼荼羅  八祖大師絵図
不動明王立像(鎌倉時代)
如意輪観音像(紀州高野山より)
十一面観音(紀州高野山より)
弁財天(南北朝時代)弘法大師(室町時代)
本尊無量寿如来(宝暦時代)
純銀五鈷鈴(白鳳時代)
阿連月(明治時代初期)
 ■ 行 事
 正月三ヶ日護摩祈祷会
   2月 3日 節分会(星供)9:30〜
 旧暦3月21日弘法大師正御影供(おせったい)
 毎月21日10時〜祈願法要・法話
 ■ 交通アクセス
 ・JR日豊本線上臼杵駅より徒歩20分
 ・三重町から国道502号線で臼杵石仏を通り、国道217号線を右折
  JT角の寺標を右折して山道を上る。
 
戻る