九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第26番
摩尼山 福寿院 (まにさん・ふくじゅいん)
  高野山真言宗
本 尊 不動明王立像
住 所 〒870-0046 大分県大分市荷場町10−31
TEL 097-534-0773
FAX 097-534-0852

 ■ お寺の紹介
 『福寿院と豊後府内藩』豊後府内藩が成立したのは文禄3年(1594年)将軍徳川家綱の命を受け松平忠昭が万治元年(1658年)6代目府内城主として転封したため、松平家の祈願所であった福寿院もじょうない三の丸に移したという。
大友宗麟公が居住した大友館は地形的に狭かったため新地に変更したという。府内藩築城工事については「人柱伝説」がある。 慶長2年(1597年)、石川三成の妹婿の福原直高が「荷場城(府内城)」を築城する事になるが、築城地は当時大分川の支流に“荷落し”(におろし)と呼ばれる台地で湿地帯であったため普請が難工し“みや”と云う1 8才の娘を「人柱」にたてたと云う。“みや”は3日間の逆修法要を営んだ後、弁財天を抱いて入水したと云う。当時の町名は荷揚(にあげ)町というが、“荷落し”は不吉なので“荷揚”としたという。毎年3月18日には旧天守閣下の“おみや弁財天”の墓前にて施餓鬼法要、当院に於いて追善法要を執行しています。

 ■ 行 事
年中行事
 正月 5日 修正会
 2月 3日 節分星祭り
 3月18日 春季法要(“おみや”追善法要、お砂踏み法要)
 8月16日 盂蘭盆施餓鬼法要

月例行事  28日不動護摩奉修

 ■ 交通アクセス
 ・JR大分駅にて下車、北口より中央通りを北進、中央警察署前の信号を右折約1.2Km
 ・JR大分駅より大分交通バス別府行、荷揚町下車、徒歩5分
 ・車の場合、国道10号線西生石交差点から左手の道に入り、新川交差点を右折、
  検察庁と中央警察署の間を左へ
 ・門内に駐車場あり
 
戻る