九州八十八ヶ所百八霊場会
戻る
第9番
若杉山 明王院 (わかすぎさん・みょうおういん)
  真言宗九州教団
本 尊 不動明王立像
住 所 〒811-2411 福岡県糟屋郡篠栗町若杉5
TEL 092-947-7461
FAX 092-947-6345

 ■ お寺の紹介
 篠栗のシンボルの若杉山。養老ヶ滝は、その若杉山(標高681メートル)の4合目に位置し、約1300年の歴史を持つ有名なお滝です。 養老2年(718年)に真言宗伝持(でんじ)の八祖の一人、インドの高僧、善無畏(ぜんむい)三蔵が若杉山にお登りになった際、この滝を開き、不動明王を祀り、修行されたと云われています。 さらに、大同元年(806年)には、弘法大師(空海)が唐より戻られた折、この滝で修行されました。また、伝教大師(最澄(さいちょう))、慈覚大師(円仁)も訪れ、ここで修行されたそうです。その後、若杉山の修験道の根本道場として栄えました。
荒廃した時期もありましたが、1905年(明治38年)、霊地の荒廃を嘆いた盲目の僧、P無染師により再建され、現在に至ります。 今でもお大師様(空海)が禊がれた養老ヶ滝には、たくさんの修行者が訪れています。
 ■ 見どころ
本堂の本尊様は、五大明王(不動明王、降三世明王、軍荼梨明王、大威徳明王、金剛夜叉明王)です。護摩堂には愛染明王を中心に毘沙門天などを、また、境内には、十三仏など、たくさんの仏様をお祀りしています。  日切地蔵堂(九州二十四地蔵尊 第24番札所)には、明王院中興の祖、無染師が遷化される時、「日切地蔵となって、衆生を救済し続ける」との誓願により造立された地蔵菩薩が祀られています。 また、昭和47年(1972年)には、新たに文殊院を建立し、文殊菩薩をお祀りしています。

〈詠歌〉 山深く 大師みそぎし 養老の 滝をあおいで あな不動尊
 ■ 行 事
 1月 1日 年頭息災護摩祈祷会(午前10時)     
     3日 初毘沙門天祭(午前9時より午後3時まで)    
    24日 初日切地蔵尊祭(午前11時)    
    25日 初文殊菩薩進学就職千巻経祈願会(午前10時半)    
    26日 初愛染明王祭(午前11時)    
    27日 初不動尊星供大護摩祈祷会(午前10時、午後6時半)
 5月27日 五大力尊柴燈大護摩供〈火わたり〉(午前10時) 
 7月27日 夏祭大護摩祈祷会(午前10時)
 9月27日 大般若経六百巻転読大護摩祈祷会(午前10時)
11月27日 土砂加持法要 百萬返念珠繰り(午前10時半)

毎月1日 萬躰不動尊建立者・灯篭奉納者等 息災延命・心願成就祈願 息災護摩供 (午前10時)

2、3、4、6、8、10、12月の各27日 
 各家先祖供養、諸聖霊追福菩提の為 御施餓鬼会及び百萬返念珠繰り (午前10時半)
 ■ 交通アクセス
 ・JR博多駅より「福北ゆたか線(篠栗線)」、篠栗駅で下車、車で15分。
 ・車の場合8番札所より、須恵町須恵東中学校入り口交差点を右折
  守母神社脇道(大型不可)より篠栗園の先の三叉路を右折、先の信号を右折し
  大鳥居横を通り若杉山登山口(看板有り)より3.5Km登る(大型可)
  大型車は明王院P、番外金剛頂院PにてUターン可
  大型車は8番札所より県道35号線門松交差点から飯塚方面(県道607号線)へ
  次のグリーンパーク入り口信号を右折し若杉山登山口へ
 ・山門前に駐車場あり
 
戻る